服用するタイミング

ED治療薬はED改善に効果がありますが、服用方法を間違ってしまうと、効果が非常に薄れてしまうことがあります。ポイントは、服用するタイミングです。ED治療薬の効果が無かったと感じた場合は、食後に服用している可能性があります。特にバイアグラやレビトラや食事の影響を受けやすいので、食後に服用してしまうと、効果が薄れてしまうのです。逆に、1番効果が出るタイミングは、食前です。食事をする前のお腹が空いている時に服用することで、有効成分が血液中にしっかり吸収されるので、効果も発揮されるのです。

なぜ食後に服用すると効果が無くなるかというと、食後だと胃や腸壁に油膜が張っているからです。ED治療薬に含まれている有効成分は、油膜を通過することができないので、血液中に吸収されることなく、便として排出されるのです。吸収されないとED治療薬の効果は発揮されないので、勃起改善ができなくなってしまうのです。食事のタイミングと性交渉のタイミングが合わないという場合は、食事内容を変えると良いでしょう。そばやうどんなどの、油分が少ない食事で腹6分目程度なら効果は得られやすくなります。食後すぐに服用するのではなく、最低でも2時間以上は空けた方が良いでしょう。また、空腹の時に使用した場合でも、ステーキなどの油分が多い食事をとった後は油膜が7時間程度張り付いているので、吸収の妨げになってしまいます。空腹かどうかを目安にするのではなく、食事内容と食事した時間に注目すると分かりやすいです。